年明けから続く一連のおぞましい事件に強い憤りとともに何ともやりきれぬ思いがします。キリスト教国とイスラム教国の間には、十字軍の征服など長い戦いの歴史があります。

しかし、こうした「文明の衝突」という次元をはるかに超えた、狂言的な暴力集団に、失業や格差の拡大で不満を募らせた若者が吸い寄せられるように戦闘員として加わっているといわれています。「文明間の対話」が成立しないテロ集団とどのように対峙するのか、日本に突き付けられた難題です。

その他、財政健全化、社会保障制度改革、原発、TPPそして人口減少など課題が山積しています。また、今年一年かけて各自治体が地方創生の総合戦略を策定することとなっています。こうした問題の取材も重ねながら発信を続けてまいります。

2015年2月